週末は雑木林に囲まれて

八ケ岳に魅せられて、週末は八ヶ岳南麓で暮らしています。東京と行ったり来たりの暮らしの中で感じたことや考えたことを綴ります。

雑木林のこと

今年の山小屋の夏はいつもと違う夏でした。

今年の山小屋の夏を振り返ると 今までにない出来事がありました。 それは八ヶ岳と二地域居住するようになって 6回目の夏になりますが 初めてのことです。 まず第一に部屋にカビが大量発生しました。 www.kogysma.com 前回のブログにも書きましたが 部屋や家…

山小屋はカビだらけ💦

今日八ヶ岳に入りました。 およそ一ヵ月ぶりです。 中央自動車道は調布から断続的に上野原ぐらいまで渋滞で クルマの流れがスムーズになったのは 談合坂を過ぎたあたりからでした。 それでも気分は上々でした。 甲府でご飯を食べたり寄り道したりして 山小屋…

初めてのカブトムシ、大量のスズメバチ。

そういえば先週山の家の雑木林の 一本の木に スズメバチやカブトムシ、コガネムシが やたらと集まって密を吸っていました。 我先に、と言わんばかりに密集していました。 これが朝の様子。 夕方になってもこんな感じ。 山小屋を買って5回目の夏になりました…

38年前の同期と八ヶ岳で同期した日

7月24日日曜日、 週末の八ヶ岳でのこと。 かつての会社の同期、 Yさん(女性)と会いました。 Yさんも彼女の旦那も同じ会社の同期同士。 僕の妻も同じ会社で同期結婚だったので、 早い話4人が同じ会社の同期同士なのです。 旦那はというと配属先も同じで…

チェンソー、薪割り、桃、昼寝。

真夏日となった山小屋。 でも標高1000mの雑木林の中とあって 比較的涼しい。 そして家の中は27度。 27度言えば四谷のマンションのエアコンの設定温度を いつも27度でかけっぱなしにしています。 同じ27度でもこれほど違うのか、 と思うほど空気…

Fさんがケガをした。

午後雨が止んだすきを狙って 散歩に出かけました。 夏草の蒸す匂いが鼻を突いてきます。 家を出て少し行くと 犬を連れたFさんに出会いました。 僕の八ヶ岳の師匠みたいな人です。 「よう!久しぶりじゃないか」 そう手を挙げるFさんでしたが 何となく疲れて…

お隣さんとのいい距離感

夕方家のチャイムが鳴りました。 八ケ岳の山小屋に人が訪ねてくるのは まずないことです。 ドキッとして、 パンツ一丁で風呂を洗っていた僕は 急いで半ズボンをはいて玄関の扉を開けました。 するとお隣さんのKさんが 「夜分にすみません・・・」と、 申し訳…

汗の玉が宝石になった日曜日

昨日は一日中 伐採した木を丸太にしたり その丸太を薪にしたりと 冬に向けた山仕事三昧でした。 午後3時ごろ ヘトヘトになって休んだら なんだか無性に甘いものが食べたくなって ご近所の「ククーカフェ」に行き アイスコーヒーとレモンチーズケーキの セッ…

山小屋での気づき

特殊伐採した時の余韻が いまだにここ東京でも残っています。 日当たりも風通しも良くなった西側。 夕刻、テラスにチェアを出して ビールを飲んでいたら ふと、なぜか思いついたこと。 「自然を制する者は、地球を制す」 そんな風にして高度成長を果たした人…

特殊伐採の後は薪づくり・・・。

ようやく隣家との間にある 樹齢30年以上のカラマツ、欅、杉の 合計7本を切り倒しました。 www.kogysma.com 特殊伐採というすごい技を特等席で見て 感動のあまり涙してチームの面々と別れたあと、 そこにはこれまでにない5月の日差しが 差し込んでいまし…

隣家との間のカラマツ他の特殊伐採終了!

遂に西側の隣家との間にある大木を伐りました。 before →→ after こんなに明るくなるなんて想像以上でした! 西側なのでせいぜい西日が当たるようになるくらい・・・ と思っていたのですが、 家の西半分が倍ぐらい光量が増えた印象です。 驚きの結果に嬉しく…

遂に隣家との間のカラマツを伐採することに

今朝6:03に原村の特殊伐採屋Mさんから 東京のベットで起き掛けの僕にメールがあり 「今日からカラマツの伐採に入らせていただきます」 とのこと。 「よろしくお願いします。 お隣さんに一声かけてから始めてください」 と返信しました。 カラマツは山小屋の…

ついに白樺の木を伐採

僕の雑木林の庭には 白樺の木が4本あります。 そのうち1本が道に向かって斜めに傾斜していて その道の上には電線が通っていて、 なおかつ白樺の元気はないので いつか伐採しようと思って先延ばしにしていました。 というのもまともに伐ると 電線に倒れるの…

冬を境に生まれ変わる雑木林の植物たち

今年の春も 八ケ岳の山小屋の雑木林は 黄色、緑、ピンクと色めいてきました。 玄関前のスイセン。 南斜面のボケ。 東側のハナズオウ。 庭全体に点在するムスカリ。 ほかにもドウダンツツジやゲンカイツツジなどが咲いていて さらに目を上げると 芽吹き始めた…

柳生博さんの訃報に接し・・・

俳優の柳生博さんの訃報を知りました。 俳優、というより 八ケ岳の雑木林の先生と思っていた僕にとって 偉大なる師匠を亡くしたような悲しさで いっぱいになりました。 柳生さんの経営する「八ヶ岳倶楽部」には ことあるごとに行ってみては 手入れされたすご…

5年ぶりにウッドテラスを塗装

いよいよ八ケ岳も冬が明けたぞ。 やること、やりたいこと始める4月。 まずはウッドテラスの塗装に着手しました。 5年前に作ったテラスは 一度もメンテナンスしてません。 去年に秋に塗装をしようとして ヤスリをかけて下準備をしたところで 雨模様の日が続…

二地域居住の最高の瞬間

昨日午前に溜池で打ち合わせを終えたあと 午後夕方に八ケ岳に入りました。 東京・溜池の空は 雨を降らさんばかりの雲に覆われ 緑に色づき始めた街路樹は なんだかしょんぼりと秋を物語っているようでした。 昼に打ち合わせを終え 一旦家に帰り荷物を整え ク…

冬は「殖ゆ」、春は「張る」。

ところどころ雪が残る 雑木林の庭。 冬は「殖ゆ」といって その語源は”増えていくこと”にあります。 何が増えるかというと 生きるエネルギーが どんどんチャージされていくのです。 庭の雑木の芽をよく見ると はちきれんばかりに膨らんでいるのがわかります…

思い起こせば会社員時代に憧れた理想的な一日だった

24月曜日の 八ケ岳の一日を振り返ります。 ●AM4:30 目が覚める。 寒いので布団から出ずにぬくぬくしていると また眠くなってきた。 眠りに落ちようとした時に セットしていたストーブが点火する。 30分後の7時に布団からしぶしぶ出る。 カーテンを…

今年最初の”迷い雪”

昨日の朝、7時半。 リビングのカーテンを開けると 朝陽がまぶしく、 テラスには樹木が 長い影を落としていました。 テラスに出てコーヒーを飲んでいたら 逆光の中小さな白いふわふわしたものが たくさん飛んでいます。 "迷い雪"です。 この雪がやってくると…

植物は土の中で自由を謳歌する生き物?

ここ2,3日は台風の影響で 雨が降ったり急に晴れたりと 庭仕事には気難しい日が続いていますが こういう日こそ我が雑木林の庭は 絶好の仕事日和だったりします。 雨が降ると土が濡れて柔らかくなります。 そうするとスコップが入りやすくなる。 ですので雨…

この木なんの木?

去年あたりから 陽が入るようにと 伐採しまくっている雑木林。 冬は花も葉もなく何の木かわからないので 思い切って伐採できません。 春になると葉が出始め それでも何の木かはよくわからないものの 葉の茂り具合で 伐採していいかどうかを判断しています。 …

八ケ岳の雑木林にフィットするレインコート「K-WAY」を買った。

ずっと降り続けた雨に 大気中のごみはすっかり落とされ 木漏れ日の雑木林は 混じりけのない清々しさに満ちていました。 デッキに椅子とテーブルを出してコーヒーを飲みながら さて、今日はどうするか・・・ と目の前の雑木林を眺めてひとしきり考えていたら…

眼科に行くために八ヶ岳GWをリタイアした今日

八ケ岳の山小屋にいた5月1日の夕方 急に左目が痛くなった。 ゴミが入ったようだが ゴミというより大きな異物が入ったかのような痛さ。 洗面器に水を張って何度も何度も目を洗ったけど 全然異物が取れた感じはしない。 しばらくすると痛みは消え ゴロゴロ感…

4年目になって初めて庭に桜が咲いているのに気が付いた

今朝は朝から晴れていました。 起きてすぐにエンジンがかからない僕は リビングから雑木林を ぼーっと眺めていたら、 時折強く吹く風に なにやら雪のようなものが舞っています。 桜の花びらです。 あれ? もう桜って終わりじゃない? ましてやこの辺に桜なん…

雑木林の春の様子。

昨晩山小屋に入り 晴天の今日 庭に出るといろいろな花が咲いていました。 ぷっくりと太ったサンシュユ。 こんな和菓子がありそう。 スイセン。 大きな口を開けて歌っているよう。 あしび。 ブドウの房のような重量感。 梅。 なんだか道行く人が これ桜ですか…

高枝のこぎり「silky ハヤテ 4段」を買った。

先週末の八ヶ岳での出来事。 仕事の合間に友人のA氏宅に顔を出したら、 Aさん、すごいことをやってました。 庭の高木の枝切をしていたのですが、 その道具がすごい! なんと、6メートルにも伸びる 高枝ノコギリなのです。 なにこれ?!!! これ、SILKYとい…

サンシュユの木を伐った

この駐車スペースに 左から右に斜めに伸びる木があります。 こういう曲がったのはどんどん伐って 日が入るようにしなさいよ、と、 いろんな人に言われて ”断腸の思い”で伐りました。 何で”断腸の思い”なのかというと、 この木はサンシュユの木で 春先、2月…

変わらない、という奇跡。

先週末、 八ケ岳から東京に戻る月曜日のこと。 なんとなく憂鬱で ずっとここにいたいなあ・・・ なんて思いながら庭に出て、 後ろ髪を引かれながら落ち葉溜まりを蹴ったら、 そこから緑の葉っぱが 顔を出しました。 前日は雪がうっすらと積もった 冬ど真ん中…

オオムラサキ、来るといいなあ。

オオムラサキが飛んでこないかな~って、 何となく期待しています。 オオムラサキは国蝶で 日本全国の雑木林に生息していますが、 準絶滅危惧種に指定されていて、 ここ北杜市は このオオムラサキの日本一の生息地でもあります。 (オオムラサキセンターHP…